10/17/2017

おつかれした

 先日Jetのお疲れ会をいつもの「とりじん」さんでやってきました。

  バクザン先生的な粋な心遣いまで。
 春サン、岩ちゃん、あざす。 もったいないのでバイクに貼ろうと思ったんですが、爆走といえば最近もっぱらチャリなもので、チャリに貼らせてもらうかもしれないす。
 それにしても久々のはしゃぎっぷりで楽しかったっす。



  最近なんだかヤボ用がたて続いて今日も都内へ行ったり、警察に行ったりで半日ツブれる始末・・
 あまり作業に集中できない日が続いてしまっているんですが、50ELはこんな感じです。
  EX他あれこれ。
  レフトサイド。
 ストレスなくシフト操作できるように、ゲートとレバーのセットアップ、大事です。
  キャブレターを。
  もちろんフルコースで完ぺきに直します。
  車体へ組み付け。
  オーバーサイズのタペットが入荷したのでタペットガイドボーリングします。
 オイル溝の兼ね合いで、なにも考えずにボーリングというわけには行かない年式なので気を使います。
  一気に完成が遠のいたように見えてしまいますが、今日塗装屋さんが来てくれたので外装が無いんです。
  塗装が終わるまでに「いつでも走れる」状態にしておきます。
 というわけでデスビをOH
明日も引き続き50ELです。






           お疲れさまでした。

10/09/2017

あざす

  VIBES 11が届いたのでパラパラと見ていたらビックリ!! Jet-Runのことがたくさん載ってました。

 梅さんありがとう~~
 かんしゃかんしゃです!!
 今夜ボンネビルの記事をゆっくり読ませていただきやす~


 久しぶりの作業報告を。

  50ELを隣へ移動してあれこれ・・・
 ハンドルを修正?加工?ほぼ製作・・・ですかね?
 リヤフェンダーを決めてからテールランプをつけたり、その他加工などなど。
  こんな感じです。
 テールはスパルト予定だったのですが、VLを加工しました。
  で、トップエンド載せられるようになったのでシリンダーを準備していきます。
  リングギャップや面取りはもちろん大事ですが、リング溝とのマッチング確認も大事です。
  トップエンドも組めました♪
  先日の急ぎのEVOエンジン、ボーリングからシリンダーが帰って来てしまったのでこちらを。
  しっかり計測します。
  PANシリンダーと同じくリングも。
 HASTINGさん、パッケージが変わったんですねって、これでは初めて組む人がセカンドリングの上下が分からないんでは???
  ヘッド行きます。
  ロッカーはここまで摩耗してしまっていると一気に虫食いになってしまうので再研磨なり、交換なりの対応をします。
  EVOは容易に純正が入手できるのでサクッと交換です。
  アジャスタブルのプッシュロッドをゆっくりじっくり調整してエンジン完成です。
50ELへ戻ります。
 発電機をオーバーホールして車体へ組み付けしました。
 この発電機ですが、5/16でなく1/4スクリューで取り付ける場合はストラップが必須となるわけですが、その際はアライメント調整をしっかりしておかないと、けたたましいノイズが出たり、キックが重たくなったりとやっかいな事がたくさんなので注意しましょうね。

         お疲れさまでした。

10/02/2017

ながいき

 

  この車両、私が知っているかぎりですが、現在のオーナーさんの手に渡って20年以上で、その前に乗っていた方は私の尊敬する大先輩だったので、どこかに眠っていた期間はほとんどなく、ずう~~っと整備されながら現役で走り倒している働きもののWLくんです。
 しかも私がアーリーライダースで働きだしてすぐ整備させてもらったり、テストランで乗らせてもらったりで、とても思い出深い車両なんです。
 今回は車検で入庫したんですが、歳のせいかいろいろと思い出してしんみりしてしまいました・・・


  慌ただしかった最近ですが、落ち着いて来たので腰を据えて50ELに掛かっています。
  トップエンドに入ります。
  バルブガイド穴計測などなどしていたらロッカードゥエル部にクラックを発見したので
  ササッと溶接。
  マシニング仕上げ。
  バルブガイド製作。
  シートリングは純正カッパーのままだったので、新たに製作・圧入・カット
  パンカバースクリュー部だけでなく、全てのねじ山チェック+修正。
 アーリーパンヘッドはアルミの材質が悪い言い方をしてしまうと粗悪なので入念にチェック+対策しておきます。
  バルブすり合わせ+ガイド内径クロスハッチ仕上げ。
  あ、今のウチにパンカバーフェルトを貼っておかなくては!!でした。
  ラストに面研磨したらヘッド作業は完了で、徹底洗浄をするだけです。
  ロッカー行きます。
 モチのロンで全て純正を使います。

 まずはホルダーの面を研磨します。
  そうすると、このロッカーシャフトが入る穴が小さくなるわけです。
  その小さくなった穴をシャフトに合わせてボーリングして完了です。
  キレ~キレ~したので組んでいきます。
  この辺はいつもの作業で「見飽きたわ!」としかられそうですが、聞く耳持ちません。

 セット長計測。
  スプリングチェック+セット圧合わせ。
ヘッド完成です~~。



 今日こそは車で帰らなくても平気かな?と思うと雨がパラパラ・・と不安定なお天気が続いてフラストレーションがたまりますねぇ~~

    お疲れさまでした。

9/27/2017

VMRS

 RUMBLEにとっての大きなイベントが終わったばかりですが、お次はこのイベントです。
11/5に開催されるVMRS
 初回しか参加できなくて少々気まずかったのですが、今年は出店させていただきます。

 とはいっても、とくに売り物になるようなパーツは見当たらず・・・しかし、せっかく出店するので作業場の中をいろいろ探してみます。

 あ、ストックしてあるリンカートキャブレターをオーバーホールして何個か持って行ってみますかね・・

 当日RUMBLEのブースを発見したら声かけてください。

9/26/2017

ありがとうございました

Jet-Run 10thは大きなトラブルもなく、無事に終えることが出来ました。

 10年・・あっという間だったような、いろんな事があって長かったような・・・
 これで終わりだと思うと寂しい気持ちでいっぱいで、焚き火が終わってしまいそうなあの時の感じに似ているような・・

 ラストとなる10thまで、無事に楽しい思い出として締めくくる事が出来たのは参加してくださった皆さまのおかげだと本当に思っています。
 今年は一人でも多くの方とお話ししたかったので私は写真一枚すら撮っていなくて、おまけに今年は専属キャメラマンもいなかったので毎年やっていたブログでの報告もありません。

 これを書いている間も楽しかったという思い出しか出てきません。 皆さま、ありがとうございました!!!!!!!!!!

atelier cherry   RUMBLE-engineering+Jet-Run実行委員会一同