7/27/2015

おつかれさまでした

 予告なしで週末はSxTxUの活動に参加してきました。 留守中にご来店されたお客さまにはご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ありませんでした。

 現地での作業内容はファントムゲートさんのブログを見て頂ければ分かると思います。

 今回も一人で参加したので帰りは新しく開通した常磐経由の道路を使って帰って来ました。 数キロおきにある放射能の数値を示す掲示板を見ながら原発のすぐ脇を通って、またいろいろと考えさせられてしまいました・・・

 あんまり堅い話をしても仕方がないので書かないですが、私なりの思いがあっての行動なので今後もSxTxUの活動には出来るだけ参加し続けていくつもりです。

 肝心の現地での作業では、オッサンなので足を引っ張りまくりで情けないですが、まじめにやりますので今後もよろしくお願いしやす~~~

 では本業の作業報告を。

  53FLのデスビをチェックOHしながら組み付けて。
  新たな作業が次々と・・・
 特別急ぎのものは無いようなのでそっと置いておきます。
  53FL続きです。
 お持ち込みの65A、このまま使えるとイイな~なんて甘い考えでチェック。 
  アララ・・酷すぎですね。
 配線はちぎれてるわ、ブラシが飛び出しちゃってるわで65Aなら別のを探した方が良さ気な感じです。
 e-bayでもこんなの売る人がいるんですね。
  ひとまず全バラくん。
  アマチュアも焼けてしまっているので交換です。

 ここまでが金曜日の分です。
  今日はSxTxUから帰って来ての後片付けやら、虫がベットリなので、めったにしない洗車やら・・
 今週末は家族を乗せて旅行なのでキレイに+整備もしておかなくては!!
  夜からは車検仕様のままだったSHOVELを元どうりにして、ひとっ走り。
 言われていたキャブの調整も終わったのでいつでも納車OKとなっております。
  もう一丁SHOVELです。
 こちらは温まって来るとアイドリングでパチュッとクシャミでエンジンが止まってしまうとの事。

 止まってしまう状況を詳しく聞くとタペット周りが怪しいという事になり、まずはそこから。
タペットスクリーンはキレイな方でした。 油圧のユニットも4か所問題なかったです。
 明日この辺は組み付けて二次エアをチェックしてみます。

 本日の作業はこの辺で。






                             お疲れさまでした。
 

7/23/2015

あたり

 昨夜の予報で今朝は雨の確率50%で「降らないっしょ」と決め込んでいましたが、予報的中で朝は雨ふりだったので慣らし中の51ELに乗って来れず朝からガックリでした。

 でも午前中で雨はやんで、日中の暑さもここ数日と比べるとさほど厳しくなくて作業もしやすかったですね。

 本日の作業です。

  昨日の続きEVOロワーエンド、増し締めしてからスプロケットシャフトスペーサー・シールをセットしたら梱包・発送。
  続いて明日車検のSHOVEL、車検用にパーツを交換して、他リクエストの作業を。
  エンジン・ミッションオイル交換などなど・・・

 ここでいつもお世話になっている産廃屋さんから「今日行くよ~」と電話が入ったので大至急お片付け。

 イドちゃん、あざっす!!
  SHOVEL作業が終了したので久しぶりの53FLを。

 まずはエンジン各部の増し締めから。
 
  クランキング出来ると作業が捗るのでプライマリー周辺を。

 アライメントを出してからミッション固定。
  バラしたままだったクラッチシェルやインナープライマリーなど洗浄してきます。

 クラッチハブは交換です。
  キレイになったのでOHしながら組み立てていきます。










プライマリーチェーンも新品にして完了です。










ハイドロユニットをチェックしてからプッシュロッドもセットしたところで本日はオシマイです。

 ちょこちょこと入ってくるイレギュラー作業でこの車両が休みがちになってしまい申し訳ありません。 出来るだけ優先して進めて行きますのでお許しくださいませ~~~





                               お疲れさまでした。

7/22/2015

つかいすて

 あれっ?と思ったら止まってました、作業場の時計が。

  特別気に入ってたわけではないんですが、MACのバンセールスの人からいただいて、その人はもう亡くなってしまったのでなんとなく、ずう~~っと使っていましたが、かれこれ3回目のクラッシュで、分解修理のできない構造なので、どうでもいいような時計をバラして移植してを繰り返してきたんですがそろそろ限界かな・・
  ↑よりも数十年前に作られたこっちの時計は一度全バラ・OHしてからは全くのノントラブルで15年以上使ってます。
 やっぱり何かがおかしいですね。
 見た目はオサレな時計がたくさん売っていても裏返せばみんなプラッチックのギヤのしょぼい作り・・それでも売れちゃうんですからそりゃそんなのしか作りませんわな・・

 時計に限らず何から何までオカシイこの現状はやっぱり消費者サイドの責任かと・・・


 作業報告しま~~す。

  業者さまからのEVO、コンロッドビックエンドラッピングから。
  OKです。
  なるべく再使用できそうなものは再使用で行きます。
  ケースチェックしていきます。

  レフトサイドのレースを抜きます。
  計測
  計測
  随分古い年式のEVOですが、まだまだラッピングで行けそうです。
  スタット曲がりチェック+修正
 シャフト研磨
  ケース合わせ面チェック+修正
  ではラッピングへ突入です。
  続いてブリーザーバルブ部のボーリング。

 ひととうり作業が終わったので徹底洗浄してきます。
 
  キレイになったレフトケースへベアリングレースをセット。
  ディスタンス合わせ。
  フライホイールワッシャーをセット。
  クランク組み立て・芯出し。
ケース組み立て。
 明日(木)増し締め・スプロケットシャフトシールなど終わらせて発送致します。


 本日の作業はこの辺で。





                           お疲れさまでした。

7/20/2015

海の日

 いつできたのか分からない謎の祝日によって本日は一般的にお休みだったんですね。  皆さま海へ行かれたのでしょうか?

 海と言っても最近はタバコ・お酒・イレズミなどなど禁止事項が多いのでこのブログを見ているような人はおちおち海水浴なんて行けないんですかね・・・

 私は毎年恒例の海辺の別荘でのお泊り会がもうすぐなのでお仕事もうひと頑張りでございます~~

 では本日の作業を。

京都の業者さまからのPANシリンダー、ボーリングから帰って来たので計測計測です。

  リング面取り・修正・ピストン重量合わせまで終わって本日(月)発送しておきました。
  外したトルクプレートをアーリーショベルのシリンダーへセットしてボーリングへ。
  ・・・と思ったら、まさかのクラック発見でがっくり。
 珍しい個所へのクラックです・・・

 ど~します??
  切り替えてこれまた業者さまからのお仕事を。
 エーデルブロックのヘッドとは・・RUMBLEでは非常に珍しいですね。
 一緒にNEWパーツも送られてきているのでバルブなどのマッチングをまずは確認してから。  以外にもSTDサイズのバルブなのね・・って、これだけ燃焼室+ポートなどが煮詰めてあればビックバルブは必要ないですよね。
  型はEVOなんですが、バルブガイドがツバ付きのため、燃焼室側からしか抜く事が出来ないのでブラストでしっかりクリーニングしてから旧ガイドを抜きます。
 このへんがリプレイスとしての立ち位置を意識したS&Sとの違いですね。 ガイドの寸法や、他の形状もなかなか攻めの作りです。 一応エーデルさんからガイドが入手出来そうなので手配していますが、納期の見込みが怪しいようであれば製作します。
  ロワーエンド行きます。

 クランクケースは温めてレース周辺のカタカタチェック(合格)しながら他も進めます。
  分解前にクランクの状態を確認。
  で分解。
 心配されていたバランシングですが、とくに嫌な穴も開けられていないので今回はやらなくてOKだと思います。
  とてもキレイにしてくれてあるのですが、ここにいつものペースト状の汚れがべっとり・・・
 後ほどしっかり洗浄しておきます。
  使用するNEWクランクピンを使ってサイドプレイの調整をします。 続いてラッピングの前にロッド大胆部へ追加工も。
  計測
  計測
計測でラッピングしろを確認。 +0004オーバーで行けそうです。


 本日の作業はこの辺で。






                           お疲れさまでした。