2/08/2016

UP-SWEEPとVIBES

  UP-SWEEP vol.32
  VIBES vol.269

 が届きました、いつもいつもすみません。









 では最近の作業を。

  ライニング張り替え待ちの間に、効率良く段取りしておきます。

 まずはエンジンモディファイのこちらを。
 シリンダーをボーリングへ出すのでトップエンド分解していきます。
  あらら・・ハンガーマウント部がポッキリと!!
 まぁ、正直レプリカフレームは、これはよくあります(あっちゃ困るんですが)
  まずは分解完了で、しっかり作戦を練ります。
  こちらはボーリングから帰って来たEVOシリンダー。

  計測・リングギャップ・面取りが終わったらトルクプレートを挿げ替えてSHOVELシリンダーを発送しておきます。
  上のEVOシリンダー、今のウチにヘッドも。
  EVOとは言っても超ド初期モデル+かなりの修理歴な感じなのでなかなかキテますね・・
 ひとまず旧バルブガイドを抜いて計測
  想像どうり縦横寸法の差、縦キズなどなどだったため、4か所とも真円修正ボーリング。
製作したバルブガイドを圧入。
  ここでライニングがおかえりなさいで作業変更。

 だいぶドラム研磨されているようだったので、通常よりかなり厚めに張り替えてもらいました。 まずはバッキングプレートに組み付けて、ドラムへ入る寸法まで旋盤で研磨。
 レストア時にドラム研磨したくなる気持ちはよ~~く分かるんですが、ハーレーの(とくに機械式)ドラムは、できるだけガマンした方が良いと思いますよ、私の個人的な意見ですが・・
  そうしたらいつもの手作業にてすり合わせ→当たりが出たらもう一度分解して手仕上げ。
  前後とも完了。
 その他のリクエスト作業もほとんど完了させて、あとはオイルポンプと車検を残すのみ。
フィードラインのフィッティング部を再生修理して、あとはチェックバルブ部のシート研磨用の刃物が入荷すればゴール目前です。


 最近の作業はこの辺で。






                              お疲れさまでした。

2/03/2016

このまま

 世間のニュースなどを気にしているとそうも言っていられませんが、RUMBLEに限って言えば非常に良い流れです。  お仕事も私生活もドタバタを除けば順調そのもので良い事ばかり♪

 今朝も朝一で浦和へ行く用事があって先ほど帰って来て目が回るような忙しさですが、このまま順調続きでお願いしたいです・・・

 かなり本気で野球に打ち込んでいた時期があったもので、今朝のニュースには心底ガッカリでしたが・・・


 近況報告です。

  38Wさん、フロントハブもOH完了です。
  前後ブレーキもOH完了で、あとは貼り換えに出しているライニングが帰って来ればすり合わせして完了です。
  リクエストのキャブレターも。
  大詰めも大詰めの66FLH、オイル交換を。
 まったくキラキラ無しの良いオイルコンディション!!  その良いオイルに加えて600km過ぎたあたりから、始動性・走行時の状態も格段に良くなり、現状は明日にでもお渡し出来る感じです。
 このまま納車の日までさらに乗り込んでおきますが、いつでも納車OKですので予定組んでいただいて構いません。
  慣らしの途中、イマイチだった時に私のツースロートに交換したまんまだったので、こちらもオーナさまのツースロートへ戻しておきます。

 
  変わらず一発でエンジン掛かりました。
 昨夜、あまりの調子の良さに、上までブン回してウホ~~はえ~~とコ~フンした瞬間ヘッドライトのバルブが切れちゃいました・・・

 バルブは交換しておきますね。  キケンなくらい回ります・・・
  さてさて38W、車両の仕様には似つかわしくないハイフローコックが付いてます。
 まるで馬のおしっこみたいにガソリンがドバッと流れるので対策しなくては・・
  そうです、このJAPAN-MADEのガスバルブキットに頼ります。
  指の力だけで奥までしっかり締まりきるように修正します。
  フロートボウルもリプロだったので今回はフロートボウル側を修正しました。
  組み付けてキャブレターは完了です。
  これまたリクエストのマグネトーを。
 マグを外した隙に、シリンダーベース・タペットガイドスクリュー・バルブカバーなどの増し締めもしておきました。
 あと、キルスイッチもつけておきました。
  で、オイルを抜いておく間にお待たせしてしまっていた外注さんの作業を終わらせて発送して・・・
38Wに戻って、長期保管後エンジンを掛けるとブローバイからオイルが出るのを対処してほしいとリクエストされていたのでフィードポンプ外します。

 今日はこれからフィードポンプ作業です。


 



                             お疲れさまでした。

1/31/2016

よかった・・

 予報が良い方に外れて雪は降らずで助かりましたね。
 金曜日夕方からの強烈な冷え込みに前週を思い出してビビッていたのは私だけではないハズ。  せっかくのお休みだった土曜日も一日寒くてチビたちと外で遊べませんでしたが、お仕事に差し支えが無かったのでOKとしなくてはですね・・

 次の土曜日にタップリ遊ぶことにして今日からまたお仕事頑張りますよ!!!

  さて現在作業中の38W、OHしたミッションを積み込む前に恒例の車体洗浄ですが、この車両は日頃のオーナーさまの愛着が滲み出ている車両で、とてもキレイなので、作業していて気持ち良いです。

 普段のメンテでは手の届かないところに溜まった汚れだけキレイにして積み込みです。
  どんどん組み付けて、リヤアクスル周りのフレーム寸法を修正してからリヤフェンダーも組み付けです。
  スプロケットカバー、叩いて入れるなんて事のないように、しっかり修正しておきます(なかなか大変デス)
  そんなこんなでレフトサイド完了です。
  ライトサイドもこんな具合。
  ライニングの貼り換えからはまだ帰って来ませんが、その間にハブを。

 まずは分解・洗浄・チェック。
  この車両のスターハブはテーパーベアリング仕様だったので、最後にディスタンスカラー合わせをしたら完了です。
  続いてフロントハブに移ります。
 WL系のフロントハブは少々経験とコツを要します。

 まずはチェックしながら全バラくんです。
  で、キレイに洗浄で一気に組み立てに入りたいのですが・・・
インナーパーツがフリーのウチにこのフロントブレーキバッキングプレートブッシュを仕上げてしまいます。

 本日までの作業報告はこの辺で。







                            お疲れさまでした。

1/28/2016

ドナドナ

 とりたてて愛着があったわけでもなく、一年くらいしか手元になかった物なんですが、付き合った一年をかけて「痘痕も靨」的になってきたトコロでのお別れだったのでチョット寂しかったりも・・・

 でも引き取っていただいお方からドーナツやらお菓子やらたくさんいただいたうえに、気に入ってもらえたというご連絡ももらえたので良かったと切り替えられます。

 短い間だったけどありがとね~~  新しいツンデレのご主人にたまにはかわいがってもらってね~~っと。

 では作業報告を。

  38W続きです。

 F・Rともライニングを貼り換えに出す前に、カムの当たり面を肉盛り・修正。
ライニング屋さんへ発送したらブレーキ分解・チェックです。
  リヤのアンカー部にクラック発見です。
 このクラックでブレーキが効かないとか、分かりやすい不具合などは出ないのですが、分解時に発見したら必ず修理しなくてはイケマセン!!
  ↑を溶接修理するのでアースを取るために塗装を剥いでいたら何か変。
 ブレーキカム部もクラックで、このスリーブ自体もカタカタ・・・
 ここも修理しておきました。
  ここでオーダーしておいたミッションパーツがサスガのクイックかげんで届いたのでミッションに移ります。
  新品のクラッチギヤはクラッチハブが入るスプライン、ハブナット部のねじ山、他にも修正箇所がたくさんなのでこの時点で全て対処しておきます。
  そのNEWギヤに合わせてレースをラッピング。
  で、ブッシュを追加工+仕上げ。
  悪い箇所をいろんな角度から目を凝らして発見し、組み上がってしまっては分かりにくいので修理しながらお伝えするブログなので、どうしてもオーナーさまがヘコんでしまう内容になりがちなので、あんまり言わないですが良いところも。

 このミッションケース、おそらくNOSですね、今ではほぼ絶滅してしまいましたが、この車両が組まれたであろう10数年前は「サラファンさん」にくださいなとFAXするだけで数百ドルでNOSが買えたんですよ、今となっては夢のようです。
  ほらね、どう見ても極上のミッションケースです。
  いくら極上のケースでも、しっかり計測・調整するのは同じです。
  サイドドアを閉める前に、ガスケットの穴あけや、スタット修正・交換などなど全て済ませてからです。
  シフターフォークもチェック・修正。
  ハイ、完成~~~~
明日からまた冷え込むとか、もしかしたら雪も!?なんて予報が出ているので、慣らしも大詰めの66FLHで走り込みに出発です。

 このまま日が沈んで寒くなるまで帰って来ないと宣言して行って来ま~~す!!!


 もちろん帰って来たら38Wさんの続きをやりますよ。



                             お疲れさまでした。