9/03/2015

おねがい

 「しつこい!」とお叱りを受けそうですが最近また増えて来たので念のため。

 RUMBLEへお気軽に遊びに来て頂くのは大歓迎なのですが、必ず事前のアポをお願いします。 なにぶん一人でやっているので作業の調整や、笑顔で応対できるよう心の準備も必要なので・・・

 もう一点、土曜日と月曜日の来店はご遠慮ください。 両日とも私が作業場にいても応対いたしません。

 引き続き業者さま・一般ユーザーさまともにご新規の作業はお断りさせていただいております。

 勝手なお願いばかりで恐縮ですがご理解願います。


 作業報告を。

  九州の業者さまよりご依頼のSHOVELヘッドを。

 ブラストなど下準備がしっかりされていてありがたいです。
  できれば面研磨した方が良さそうですが、指示書には書かれていないので指示された内容のみ進めていきます。

 まずはバルブガイド製作・入れ替え・仕上げから。
  一緒に送られて来たバルブ。
 RUMBLEでもお勧めしているキブルホワイト製なのですが、これが意外とキズが多く、それだけが悩みどころ・・・ステム先端のポツポツと色が変わっている所がキズです。 ステムシャフトにもキズがある事が多くて困ります。
 バルブガイドとのクリアランスを理想の数値に仕上げるのが困難な事と、初期カジリなどのリスクもあるのでよ~~く目を凝らして発見したら修正しておきます。
  指定どうりにバルブガイドも製作完了。
  出来上がったガイドをヘッドへ圧入後、締めあがったガイド内径を仕上げたらシートリングカットします。
  バルブ摺り合わせ・クロスハッチ仕上げまで終わったので発送しました。
  53FL、ハンドルバースイッチを。
 お持ち込みのスイッチ、まずは分解・チェック。
  なかなかです・・ もとのハンドルについていたスイッチも純正だったので2個一にして直しておきました。  ホーンスイッチはもとの物をリビルドして対応しました。
  コントロールコイルもセットして。
  キャブ・デスビへ繋いでフロントは完了です。
 あとは配線製作を残すのみ。

 ハイドラパネル内にターミナルプレートがなかったので、つけておきました。
ペイントファクトリーさん、ライニング屋さんがマッハで仕上げてくれたので明日からリヤセクションに入ります。

 だいぶ大詰めです!!


 本日の作業はこの辺で。




                             お疲れさまでした。

8/31/2015

ROLLER magazine #16

  今日届きました。

 ありがとうございます!
 今回もちゃんと読んで勉強~しまっす!!







 作業報告です。

  イレギュラー作業がようやく落ち着いたので53FLさんお持ち込みのフランダースバーを。

 いきなり強敵で、エンドキャップが何をやってもビクともしません・・・
  格闘の末、どうにか外れましたがエンドキャップは再使用不可ですね。

 それにしてもすごいサビです。
  スロットル側は壊さず外れました。
  ここまでのは久しぶりでしたね~~
  一難去ってまた一難!! 今度はスパイラルが完全に固着してビクともしません・・・
  かなりあれこれ頑張りましたが全く動く気配なしなので、この状態で潤滑油漬けにして3日間放置。
  で、メデタク外れました。
  全てのねじ山を修正します。
  スパイラル内部の錆を落として、ひしゃげているので板金修正も。
  こっち側も修正。
  ではハンドルバー側に移ります。
 とにかくすごいサビ・・
  プランジャーなんて入る気配もアリマセン・・

  これを取り除いてプランジャーがスムースに動くようになるまでひたすらコリコリ・・・・・
 スパイラル側のスリットも同じ状況なのでこちらもコリコリ・・・

 毎日古い車両を相手にしているのである程度は慣れっこですが、このサビはかなりガンコで、いろんな秘密道具も役に立たず、リューター+超硬バーでないと歯が立ちません。
とまぁ、どうにかスロットル・スパークとも全て組み付けて作動するまで行けました。
 もう一度分解・洗浄してからコントロールケーブルや配線などセットアップしていきます。 フロントエンドはあと一息ですね。

 本日の作業はこのへんで。





                             お疲れさまでした。

8/26/2015

FlyWheels#37


  今日届きました~  あざっす。

 パラッと最初の方を見たら楽しそうだったので今晩家に持って帰ってゆっくり読ませていただきます!!








  では作業報告を。

  車検+作業でお預かりのSHOVEL、本日の車検に備えて準備をしておきます。
  言われていたレフトサイドからのオイル漏れ。
 まずはどこから漏れているのかプライマリー関係をバラしながら犯人を探っていきます。
 車体を水平にしているにも関わらず、メインシャフト内クラッチプッシュロッドからタラタラとオイルが出てきます・・・という事は
  そうです、ミッションオイルの入れ過ぎでした。 
 ミッションオイルは入れ過ぎNGっす!!必ず漏れます。

 キックカバー横に付いているオイルレベルプラグはあくまでも目安程度と思って下さい。 そもそもここからオイルが流れ出て来てしまうようでは入れ過ぎ間違いなしです。 自分の車両の適正量は主治医さんに聞いておきましょう。

 せっかくバラしたので、SPシャフトシール・メインドライブシール交換しておきました。 クラッチフリクションプレートもだいぶ摩耗していたのでこれも交換しておきました。 工賃がもったいないですからね・・  エンジン・ミッションともオイルの入れ過ぎはダメですよ~~

  もう一つ、右側のウインカーが点かないと言われていたのでこれも直して本日(水)車検も取れました。
 いつでも納車OKです。
  今日はイレギュラー作業が続きます。
 業者さまからのSHOVELシリンダー、ボーリングから帰って来たのでいつもの計測+ピストンリングギャップ+面取り+重量合わせまで終わらせて本日(水)発送しておきました。
こちらもイレギュラー作業でお預かり中のSHOVEL-WGに使うHD純正フォークシールが入荷したので交換します。
 こちらは(金)には納車OKです。

 本日の作業はこの辺で。

 なんだか8月とは思えない涼しさだったり、心の底からガックリしてしまうようなニュースだったりで世の中どうなっちゃうんだろう・・・なんて気になってしまいますが、あまり考えないようにして明日からも作業集中で行きま~~す。


                           お疲れさまでした。

8/24/2015

おかげさまで

 今年の初めに情報提供をお願いしていました例のWL。 なんとオーナさんから連絡があって車両を引き上げてもらえる事になりました。

 色んな方から気にかけて頂き、感謝しております。  どんな形であれ、この件はひとまず解決となりましたのでお礼と合わせてご報告いたします。  ありがとうございました。


 本日の作業です。

  昨日分解したフォーク関係のパーツを洗浄・油切りして、ステム周りに移ります。

 左右に切って、ステムに違和感はないのですが、ケーブルカバーの組み付けが残念なので、直すために分解していきます。
  やっぱりレースはキレイでした。  洗浄してからグリスをしっかり入れて組んでおきます。
  脱脂したフォークパーツを持って来てOHしていきます。
  インナーチューブ、とんでもなく曲がってマス・・・

  インナーチューブがこれなので、各部なかなかでしたが一日がかりで直しました。
  車体へ組み付け。
  リクエストのタイヤへ組み替えます。
  これもリクエストのホイールリングを修正して組み付け。
  こんな感じです。
  明日からの相手はお持ち込みのフランダースです。
 スパイラルがビクともしなかったりでこれまた手強そうですがしっかり直します。
オーナーさまへサービスショットで本日の作業はオシマイです。










                              お疲れさまでした。



 

8/23/2015

よていへんこう

 今日はお休みするつもりでしたが、家族みんなで土曜日がっつり頑張ったので予定変更で作業できました。

 ですが、29・30は予定どうりお休みとなりますのでよろしくお願いします。


 作業報告を。

  一日通勤で様子を見た41G、いくつか気になるトコロがあったのでそこを整備してお渡し準備完了。
  続いてフォークスプリングが入荷したので59FLを進めて行きます。
  金曜日はオイル交換に来てくれたお客さまや
  車検+作業で入庫のSHOVELさんなどなど来客多めでございました。
  そんなこんなでフォークスプリング交換終了です。
  振れが気になると言われていたFリムをチェック。
 たしかに、若干振れています。  コッカータイヤの場合、タイヤ自体が歪んでいる事も多々あったり・・その場合80km~90kmあたりで不快なバイブレーションが出たりします。
 その場合はタイヤがついているこの状態でスポークを調整せねばならず、パンクなどのリスクがあります。 お客さまへ説明して了承のうえ、この状態で芯出しさせて頂きます。
  さて本日は53FLを進めて行きます!!
  41Gさん、59FLさんとも本日車両を取りに来てくれました。

 ありがとうございます。
  53FL、Rブレーキシューのカム当たり面を肉盛り修正したら厚み・材質指定してライニング屋さんへ張り替えに出します。
  続いて年季入りまくりのRフェンダー、ウエ~コエ~など言いながら慎重にモールを外してブレースを付けました。
 Rフェンは完了なのでペイントファクトリーさんへお願いしました。
  さてRセクションのパーツたちが外注さんから帰って来るまでFまわりを進めて行きます。
 フロントもリクエストてんこ盛りなのです・・・
  ホイールを外してハブ・ドラム内部チェック→こちらはOKそうなのでフォークに移ります。  まずはお持ち込みのグライドフォークを分解です。
 写真だとそうは見えないのですが、これまたかなり年季の入った代物で分解が大変です。  意外とグライドフォークってこのパターン多くないですか??
  もはや機能していなかったであろうダンパーチューブ・・
  完全に食いついてビクともしないアクスルスリーブ・・・
 でも、この人を外さないとフォークがバラけないので格闘しつつ分解完了。
  続いて車両についていたグライドフォークも分解していきます。
 このフォークキャップが全く動かずで、壊して外すか悩みつつ、最後のアタックで無事に回りました~~  レフトはすんなり行きますように・・とお願いしたんですが願いは届かず・・・・

 一日で2回も分解困難なグライドフォークに当たるとは・・・
ともあれ分解完了しました。
 明日はこのパーツ群を徹底洗浄して組み付けて行きます。
 フロントセクションが落ち着けばググ~~ンとゴールが近づきますのでもう少し我慢してくださいマセ。

 本日の作業はこのへんで。





                             お疲れさまでした。